Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

鬼木サッカーとは? [川崎フロンターレ]

鬼木サッカーがわからない。

4試合終わって、無得点の試合は0。
無失点の試合は1。

これだけ見れば攻撃サッカーに、守備の要素を加えた…となるのかもしれないけど。


スポンサーリンク



それでも鬼木さんがどういうサッカーをやりたいのかが見えてこないんだよなぁ。

ソンリョン頼みの守備は、結構まぐれで失点数が少ないんだし、攻撃ユニットは、小林悠に「おれ以外点取れる気がしない」って言われるくらいのできなわけで。

ハイネルの使い方も中途半端。
彼はドリブラーでパサーでしょ。

どう考えても潰れ役はできないでしょ?
って思いながらみてるけど、あの位置で出されたらなかなか難しい。

後半頭で攻撃の誰かの交代
後半遅くに阿部→奈良ちゃん
残り5分でノボリ→三好

っていう交代では、なかなかうまくいかないと思ってます。

大宮戦はリードしていた状態で奈良ちゃんだから、まぁ、意図はわかったんだけど、昨日の試合セカンドチョイスが、なぜ奈良ちゃんだったのか?

スポンサーリンク




点差がない状態で、後半30分過ぎに、なぜDFの選手を入れるんだろう?
そこの部分がいまいち明確じゃない。

攻撃するの?守るの?
リードしに行くの?落ち着かせるの?

そこらへんの明確さが鬼木さんには感じられないんだよなぁ。

もちろん家長や、エウソンの怪我はかなりの痛手で昨日の大塚先発って案は面白かったし、やりたいサッカーが明確になってくれば強くなる気もしてるけど。

風間さんだってかなり苦しいスタートだったのを覚えてるから、すぐに鬼木さんダメだ!って言いたくはないんだけど、去年のいいところが消えて守備から入って点がとれなくなっていく…っていう相馬さんの時のようなことがないように祈ってるよ…



ブログ村に登録しています!
読んでいただけたら、クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


FTPソフト Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...