Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

鬼采配はメッセージ性高いよね。 [川崎フロンターレ]

鬼木監督の森本前半途中交代、
後半途中交代はオニ采配ですよね。

って言いたいだけの記事でもあるんですが、
それだけだとツイッターでかけよ、
って記事なのでw
スポンサードリンク


さて、鬼木さん負けないですね。

結構足りない食材がなぜか、
おいしく仕上がる冷静な料理人、
って感じの鬼木さん。

新人監督らしからぬ、
って感じの落ち着きですよね。

昨日の試合は、かなりの修正力を見せましたね。

序盤の攻められっぱなしの状況から、
時間がかかるごとに修正していけるんだなーっていうのが、
一番の収穫だったかも。

点がなかなか入らない、
っていうのは仕方ないとして、
猛攻に持っていけるペースっていうのは、
風間サッカーの晩年よりは増えている気がする。

あとは、井川の怪我でのタツヤっていうのはすばらしい采配でしたね。
ノボリのポジションを変えるっていうのも含めて。

長谷川竜也を左サイドバックに入れた意図を鬼木監督は、
「彼のドリブルというものを武器に行きたいということ。
彼には守備の事よりも攻撃をする事だけを考えろと話をして送り出しました」
って言っていましたからね。

メッセージ性高い。

(森本の投入について)
「まず中盤のところ、
大島のところを本来のポジションに戻して、
そこのところで時間をしっかり作れるように、
我々の形というものを作れるようにするために
まず森本を入れました。

板倉滉のところは少し慌ててしまっていたので、
そこのところの修正ということですね。

ポジションチェンジのところにつきましては、
一つは前半の最後の方のところですけど、
シンタロウのところがだいぶ行けるようになってきていたので、
サイドのところで落ち着いて起点を作りたいというところと、
そのあと、ノボリを右にというところは
相手のスピードの対応でしたり、
長谷川のところも含めて、
ノボリを左にしないで長谷川を右にしなかったかというと、
二人とも効き足が内側になっているので、
そのポジションの方がしっかりボールが
持てるんじゃないかなという考え方でした。

(森本の途中交代について)

あそこは左サイドの長谷川のプレーを見ていて、
ドリブルについて行けていないという印象を受けたので、
思い切って三好をドリブルで仕掛けさせるということ、
あとは中央のところで一番怖いのが
小林悠だろうという考え方があったので、
小林悠を真ん中にしました。」


ってインタビュー明確で、
すごいよね。

修正点が明確で、
メッセージ性が高い監督ですよ。

面白くなってきた!!


ブログ村に登録しています!
読んでいただけたら、クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

共通テーマ:スポーツ
FTPソフト Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...