Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択

DeNA前社長池田純が、川崎ブレイブサンダースを友好的買収!? [Bリーグ]


おお!!面白そう!!

プロバスケットボール男子、
Bリーグ1部の川崎ブレイブサンダースを運営する東芝が、
今あんな状態だから、チームもっている場合じゃないってなるのは、
わかっていましたが、チーム譲渡の交渉を行っている先が、

プロ野球・DeNAの前球団社長、池田純氏(41)を中心とするグループだっていうのは、すごくエンターテインメント性あって面白い!!

スポンサーリンク


サッカーでは川崎フロンターレ、野球ではDeNAが好きだけど、
横浜にはFマリノスがあって、なかなかコラボできなかったですからねー。

ベイスターズをあんなふうにエンターテインメント性あげて魅せるようにしたのは
池田さんの手腕が大きいと思うので、
今回の買収が本当に行われたら面白そうですよね!!

東芝が運営する川崎ブレイブサンダースは、
67年の歴史を持つバスケットボールの名門チーム。

その売却先として池田純さんは面白いなぁ。

池田さんは昨年9月22日のBリーグ開幕戦・A東京-琉球(代々木)や、
5月13日のプレーオフ、チャンピオンシップ準々決勝・川崎-SR渋谷(平塚)を視察しているらしいですし、興味あるんだろうね。

エンターテインメントの可能性は間違いなくもっともっとあげられるし、テレビとのコラボ、ネットとのコラボ、映像配信サービスとのコラボ、全部の可能性が間違いなくあるもんね。

さらに池田さんは共同オーナーとして陣頭指揮を執るイメージで、
そのほかにもアリーナ開発に関心を持つエンターテインメント企業などが出資を検討しているそうな。

池田さんの手腕を知らない人はあんまりいないと思いますが、
DeNA球団社長時代には約24億円あった赤字を解消して黒字化し、
年間観客動員を約110万人から約194万人まで伸ばしてきた人ですからね。

さらに印象的だったのは、
2016年1月の横浜スタジアムの運営会社買収(友好的TOB)ですよね。
これはマルハ時代も、TBS時代も実現不可能と言われていましたからね。

それを実現させた手腕はすごい。

2016年10月に任期満了という形で、
さくっと退任したのも好感が持てますよね。

プロの経営者ってこういうものですよ、って見せつけられた感じがしました。

スポンサーリンク



現在はJリーグ特任理事、日本ラグビー協会特任理事を務めていますが、
次はバスケットボールですね。

今後は9月6日のBリーグ理事会で正式に決まる見通し。

これ、川崎フロンターレとのコラボ絶対活発になるでしょ!!

富士通と東芝のコラボしにくい壁みたいなものが、
ちょっとは消えるかな?

川崎フロンターレ
富士通フロンティアーズ

そして、

川崎ブレイブサンダース

その3チームがコラボしていろんなことをやっていければ、
絶対に川崎盛り上がるからね!!!

楽しみだなー。

ブログ村に登録しています!
読んでいただけたら、クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

共通テーマ:スポーツ

小林悠vs都倉賢がみたいよね。 [川崎フロンターレ]

小林悠が、19日のホーム・コンサドーレ札幌戦で、
先発復帰する可能性が上がってきました!!

鹿島アントラーズとの試合では、
後半からの途中出場で中村憲剛との交代でしたけど、
小林悠が最初から出ているのと出ていないのとでは、
かなり与える印象が違いますからねー。

スポンサーリンク


っていうか、誰と交代なんだろう?
調子あがってきた家長は先発で見たいけどなぁ。

家長も主力組で練習していた、って話だから、
共存するスタメンなのかなー。

わくわくしかないね!!

相手の北海道コンサドーレ札幌では、
FW都倉賢が先発復帰をかけて練習しているみたいですねー。

前節ヴァンフォーレ甲府戦を出場停止で欠場。


ヴィッセル神戸時代の5年前点とられていますからね…
あのバロテッリパフォーマンスはいまだに覚えています。

今度は止めないとね!

あの時より、守備力上がっているから、
チームとしても都倉止める自信はあるでしょうね!!

都倉が出場停止だったヴァンフォーレ甲府戦は、
ジェイ、ヘイス、チャナティップの多国籍3トップで、
それはそれでおもしろいチームになっていましたよね。

こっちで来るのか?都倉が先発復帰するのか…

競争があるのはいいことですよね。

コンサドーレ札幌は、
アウェイで今年一度も勝っていないですからね。
(2分9敗)

初物をあげるわけにはいかないですよねー。
都倉出てきたらしっかりと止めたいですよね!


ブログ村に登録しています!
読んでいただけたら、クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

共通テーマ:スポーツ

家本政明の過去最大の誤審かもね。町田vs名古屋で関係ない選手にレッドカード。 [Jリーグ]

これはすごい。

史上最大(最低)かもね。

映像確認したけど、圧倒的な誤審。

後半終了間際に、相手ゴール前に抜け出そうとした
名古屋MF青木亮太が、
町田DF深津康太と奥山政幸に挟まれる形で倒される。

ここでDAZNの映像では、
倒したのは深津。

スポンサーリンク


深津にレッドカードなら、厳しいけど、
納得いきますが、
家本政明主審がレッドカードを提示したのは、
その後ろちょっと離れて追いかけていた、
MF平戸太貴に対してでした。

は???????????

てか、
家本政明(主審)をはじめとして、
三原純、堀越雅弘(副審)、
鶴岡将樹(第四審)は何を見ていたの??

どういうこと?

プレーしている選手をみてないってこと??

これはレッドカード取り消し案件だと思うし、
勝ち点失った町田がかわいそうなんだけど…。

この試合、名古屋グランパスの監督は風間八宏で、
町田ゼルビアの監督は相馬直樹だから、
川崎フロンターレサポーターとしては、
凄い注目していたゲームだけど、
審判が主役になりましたね…

普段の誤審は、イエローじゃないかな?っていうのがレッドカードでたり、
PKじゃない場所で倒されたものがPK指示されたり、
っていうのはあるけど、

全く関与していない選手にレッドカードは、
さすがにかばいようないでしょ…。

これでまだ家本が審判続けられるようなら、
その試合ボイコットしてほしいレベルです。

審判としてレベル低すぎるし、信用できないでしょ…。

もうあと15年ぐらい南米とかで審判修行してから、
帰ってきてほしい。

そろそろ審判に対してメスを入れてほしいよ。

平戸の「僕はやっていない」の主張も、
ファウルをした深津の「あいつじゃない」の声も、
全然聞いてもらえない。

っていうか、家本の試合だけ、
その場でVTR確認にしてくれよ。

明らかにおかしすぎるよ。

この試合、自分で確認して、
レッドカード出した人間違えた、
って思った場合、自ら笛を置いてほしい。

平戸いわく
「自分は全く関係していないです。
うしろから見ていただけなので。
(家本主審は)探していて、『18番』ってなって。
自分的には違うでしょと言ったんですけど、
覆ることはなかった。
言っていても変わらないなと思った」
ってかわいそうだよ…。

町田ゼルビアは、
試合終了直後にマッチコミッショナーに口頭で意見。

今シーズンから、意見書を提出して再判定を求めるというルールがなくなったから、
今後は規律委員会の判定を待つことになるんですよね。

この意見書提出制度がなくなったのも、
jリーグとして後退だと思うんだけどねぇ。

1か月ぐらいに1回判定を説明する会議があって、
あれはレッドカードでした、あれはPKでした、
みたいな説明はあっても覆ることがないんだもんね。

本当にひどい。

審判のレベル向上をどう考えているんだろう?
あんなへたくそな審判を出し続けるっていうのは、
どういう了見なんだろう???

相馬監督は試合後のテレビインタビューで、
「選手たちにかわいそう。
ジャッジのことはテレビで見られている方が一番わかると思う」
「結果的に後味が悪くなってしまった。
残念だと思う。あの一つでだいぶ印象が変わってしまったのは残念」
って言っていました。

そりゃそうだよ。

スポンサーリンク


あのファウルはだめだし、レッドカード相当のファウルかもしれない。

それでも関係ない人へのレッドカードは、
その審判自身も審判業からレッドカード受けるべきだよ。

平戸の給料とか、その後の試合出場の枠とかがなくなる可能性もあって、
人生を変えてしまうレッドカードになるかもしれないのに、
家本自身はのうのうと審判を続けられるんだとしたら、
それって不公平でしょ?

審判って何をさばいてるの?
あんなに適当な審判なら全部VTRで判定にしてほ良いよ。

審判資格はく奪も含めて検討してもらいたい。

Jリーグに抗議とかってどうやればいいんだろうね。


ブログ村に登録しています!
読んでいただけたら、クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


家本政明と西村雄一の誤審は雲泥の差【画像あり】。退場者間違いのレベルが全然違う。

共通テーマ:スポーツ

吉田孝行が、ヴィッセル神戸監督代行。現役時代、とにかく絵になる男でしたよね。 [Jリーグ]

J1ヴィッセル神戸がネルシーニョ監督の退任を発表。

ヴィッセル神戸は、今季J1優勝を目指して大型補強を繰り返しましたが、
それと同じぐらいけが人も多かったんで…ネルシーニョのせいじゃないでしょ・・・

って思わなくもないんですが、それでも解任になってしまったから仕方ない。

スポンサーリンク


補強したメンバーが、
高橋秀人、大森晃太郎、田中順也、ルーカス・ポドルスキ、ハーフナー・マイクですからね。

ほとんど前の選手しか補強してなければ、
守備はうまくいかないのが自明の理だと思うんですけどねえ。

J1第22節が終了した時点で11位。


2017年シーズン途中での、
J1での監督交代は、

アルビレックス新潟
大宮アルディージャ
サンフレッチェ広島
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
ヴィッセル神戸

と、6例目。

新潟、大宮、広島は、降格争い真っ只中だし、
鹿島、浦和、神戸は、優勝争いするぞって言ってたチームだから、
低迷してたら交代は仕方ないことですよね。

この中で自分から辞めますって言ったのは、
サンフレッチェ広島の森保だけかな?

鹿島の前監督、
石井さんはよく鹿島の試合を見に行っているらしいし、
いまだにアントラーズ愛を前面に押し出していて、
素敵だなぁと思います。

さて、後任が決定するまでは、
吉田孝行ヘッドコーチが暫定的に指揮をとるそうです。

ヴィッセル神戸っていう選手がよく変わるチームで、
レジェンドっぽい人は少ないんですが、
永島昭浩と、吉田孝行が、ミスターヴィッセル候補だと思っています。

そんな吉田がこんなに早くトップチームを率いることになるとはなー。

横浜フリューゲルス最後の天皇杯ゴール
神戸を奇跡的に残留に導いたゴール
同じ生年月日で、親友の故・松田直樹氏に捧げたゴール
現役最後の試合でのアディショナルタイムでのゴール

泥臭く走り回り、
メンタルで周りを鼓舞して、
チームを勝利に導く。

お金をたくさん使って、選手を集めて、
強いサッカーで勝利に導く…

という、ヴィッセル神戸の今とは、
ちょっと違うのかもしれませんが、
それでもやってきたサッカーはカッコ悪くて、
本当にかっこいい選手でした!

吉田孝行は、2012年で引退する可能性もあったのに、
J2に落ちてしまったから、
最後の契約するときに
『あと1年、チームをJ1に上げて終わりましょう』
と話をしていたそうで、
しっかりとJ1昇格に貢献してから引退っていうのが、
かっこいいし、ヴィッセル神戸サポーターにとって、
忘れられない選手の一人でしょうね。

吉田孝行がチームの主将をやった時のことを振り返って語っていたことが、
今後の監督としての方向を見せてくれそうな気がします。

「チームが良いときというのは、
みんなでワイワイ好きにやっていればいいけれど、
チームがダメになったときに、
誰かが先頭に立って言動だったり姿勢だったりを見せていかないといけません。
そういうときに少しは力になれたのかな。
そういったスタンスでしたね。」

吉田孝行は最後の最後まで、
「苦しい時に点を決めてくれる選手」
であり続けたのがかっこいいですよね。

スポンサーリンク


試合を決定づける、
負けてる試合で勝ち点を取る、
連敗が続いているチームがようやく勝利をする、
そんなゴールが多かった印象。


MVP(Most Valuable Player)より、
MIP(Most Impressive Player)が似合う選手でしたよね。


「どんな辛いときもめげずに」
「人が苦しいときに先頭に立ってチームを引っ張ってきた」


っていう言葉がこれほど似合う選手はいません。

ヴィッセル神戸が、
苦しい今、先頭に立てる監督になってくれるはず!!

楽しみな監督です!

代行じゃなくて、正監督になってほしいけど、
三木谷さんじゃ難しいかなー。

吉田を大事にしないと、サポーターは離れていくよー。


ブログ村に登録しています!
読んでいただけたら、クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

共通テーマ:スポーツ

浦和1-0シャペコエンセ。スルガ銀行チャンピオンシップ2017。 [川崎フロンターレ]

スルガ銀行チャンピオンシップ2017が行われて、
浦和レッズが、シャペコエンセとの対決を行いました。

ルヴァンカップ王者の浦和レッズと、
コパ・スダメリカーナ王者のシャペコエンセ。

通常であれば、そこまで注目しないこのゲームですが、
シャペコエンセは飛行機事故で、
チームメイトを多く亡くし、
川崎フロンターレにとっても、
アルトゥール・マイアが亡くなったメンバーの中にいたこともあり、
注目度があがっていたこのゲーム。

マイア。飛行機事故の生存者リストに、名前はありませんでした。まだ24歳でした。

スポンサーリンク



この試合が行われたことだけでも素晴らしいことだと思うんですよね。

正直言えば、日本に来るのも怖かっただろうなぁ…。
飛行機に対してトラウマとかになっていないのかな…。

若くして亡くなられた命に対しては
本当に悔しい気持ちでいっぱいです。


浦和レッズは、
ヴァンフォーレ甲府戦から先発5人を入れ替えており、
シャペコエンセは元JリーガーのDFアポジ(元東京V)、
MFモイゼス・リベイロ(元福岡)らが先発起用。


前半は浦和の攻撃陣が機能していた感じですよね。
後半になると逆にシャペコエンセが攻撃を活性化させていった感じでした。

どちらも決定機を逃し続けていた、
後半43分。

PA内でズラタンがグローリのファウルを誘ってPKを獲得。

シャペコエンセの選手は抗議を続けていましたが、
判定は覆らずに、抗議中にアディショナルタイムに突入。

キッカーの阿部勇樹は落ち着いて、
PKを決めて、浦和レッズが試合をきめました。

日本勢の6勝4敗。

試合がちょっと荒れ気味だったのは哀しいですし、
審判がゲームを全然コントロールできてなかったみたいですが…

それでもこの試合を勝てたのは大きい。

浦和レッズも、シャペコエンセのみなさんも、
お疲れさまでした。



ブログ村に登録しています!
読んでいただけたら、クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

共通テーマ:スポーツ
KENGO Academy〜サッカーがうまくなる45のアイデア〜中村憲剛監修

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]
FTPソフト Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...